クラッシックポタージュ

今月の料理サロンはポタージュ2種もご紹介しました。

先月のダシのお話から一転、その中のクラシックポタージュはまさに水と野菜だけで作るポタージュです。

以前この料理を拙著で紹介した時に校正さんから2回、このスープにはブイヨンの素など入っていませんと赤字が入りました。その都度,これでいいーんですと答える私😮‍💨

フランスでの下宿先のマダムもこのポタージュを山盛り作り、家族の夕食の前菜にしていました。

フレンチというと豪華な食事のイメージが強いけれど、お家フレンチは時にはとってもシンプル。

体の毒素を洗い流してくれるかのようです。

今回このポタージュの具材を潰すのにザルやムーラン・ア・レギュームを使ったけれど今のフランスではスティック状のハンディーフードプロセッサーを使うことが多いんじゃないでしょうか。

野菜を煮ていた鍋の中で潰すことができ、洗う道具も最小限。

さらにもう一度火にかけて温められるし便利です。

余談ですが,プロのキッチンで使う大きなハンディーフードプロセッサーはバーズーカーの愛称で呼ばれています。

このスティックフードプロセッサー以前の事、ミキサーが現れた時スペイン、アンダルシアの主婦たちはこぞってマリア様にミキサーが買えますようにとお祈りしたそうです。これはガスパチョを作るためだったそう。昔は大理石のボウルに入れて木の棒で潰すという気の遠くなるような作り方をしていたのから比べればあっという間に滑らかなガスパチョの出来上がるのはまさに主婦の憧れだったのでしょう。

昔ながらの方法で作るものも機械を駆使して作るのも私はそれぞれの異なる美味しさがあって好きです💕




blog

​ブログ